キャラバンメイト連絡会とは?

平成27年1月、国において認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)が策定されました。

新プランでは、認 知症サポーターを量的に養成するだけでなく、あくまでもできる範囲で手助けを行うという活動は維持しつつ、認 知症サポーターが認知症高齢者等にやさしい地域づくりを加速するために、様々な場面で活躍してもらえるよう にすること、また認知症サポーター養成講座を修了した者が復習もかねて学習する機会を設け、座学だけでな くサポーター同士の発表・討議を行うなど、地域や職域の実情に応じた取組を推進することなどに重点が置か れています。

そこで、相模原市では、認知症サポーター養成講座の講師役であるキャラバン・メイトの皆様が活動しやすい 体制を整備し、キャラバン・メイト間のネットワークの構築と活動の充実を図ることを目指すことを目的として、「相 模原市キャラバン・メイト連絡会」を平成27年10月3日に発足しました。

 

運営委員会のご紹介

キャラバン・メイト連絡会では、区毎にブロック代表を選出し、会長及び市事務局とともに運営委員会を設置し て各種検討を行っています。

皆様のご希望等、お近くの地区の運営委員または事務局までお寄せください。

●会長 市川 勝
●副会長 木村 俊明
●ブロック代表
 (緑区) 吉野 輝彦
 (中央区) 松田 絹江 須田 菊枝 鶴山 美紀子 廣瀬 修一 坂口 芳郎
 (南区) 浜井 秀子 奥村 富子 吉岡 敏子 辻丸 佳代子  
※順不同 ※敬称略

PAGETOP